『ジョーシス』に「情シスのための決裁獲得メソッド」~“ITに詳しくない社長に通る提案 3つのポイント”寄稿

私(藤木)は、なぜか中小企業ワンマンオーナー社長と話すのが得意なのです。ICTに関することもわかりやすく説明する自信があります。その経験値を踏まえ、株式会社パシフィックネット様が運営する情シス担当者向け『ジョーシス』、 「情シスのための決裁獲得メソッド」を寄稿いたしました。その第1回“ITに詳しくない社長に通る提案 3つのポイント”です。

情シス担当者またはソリューション営業担当者にとって、ICT知識の乏しい、あるいはICTに関する支出に対して無理解な経営者に、ICT関連の導入を納得してもらうのは大変なことでしょう。そうなってしまうのは、難解なICT用語やバズワードを使ってしまう担当レベルの問題でもあります。経営者の目線を理解すべきですよね。

本稿では、どうして情シス担当者が経営者、とくに中小企業ワンマンオーナー社長にうまく説明できないか? そのポイントを3つあげています。

(1)ITの専門用語が多くわかりにくい。

(2)すべてを漏れなく伝えようとしてポイントがボケがち。

(3)ビジネスとのつながりが直感的に把握できない。

それではどうすればいいのか? ぜひ『ジョーシス』の記事をお読みください。

「情シスのための決裁獲得メソッド」“ITに詳しくない社長に通る提案 3つのポイント”

Featued Posts 
Recent Posts 
Find Me On
  • Facebook Long Shadow
  • Twitter Long Shadow
Serach By Tags

© 2023 by Make Some Noise. Proudly created with Wix.com