『意外と難しいニオイのデジタル化 日本の嗅覚センサ「MSS」が世界標準を目指す』を弊社が寄稿

国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)の吉川元起氏らが開発した嗅覚センサー「MSS(Membrane-type Surface stress Sensor:膜型表面応力センサー)」について取材を行い、DG Lab Hausに『意外と難しいニオイのデジタル化 日本の嗅覚センサー「MSS」が世界標準を目指す』を弊社が寄稿しました(執筆 : 庄司健一)。

MSSインタビュー

Featued Posts 
Recent Posts 
Find Me On
  • Facebook Long Shadow
  • Twitter Long Shadow
Serach By Tags